理事長・院長 鈴木 岳

理事長・院長 鈴木 岳医学博士
スウェーデン医師資格
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定医

医師になろうと思った理由はそれしか知らなかったから。高校生で進路を決めなければならない時、他の職業につくことをイメージできなかったのだ。医師を目指す原風景は父の稚内勤務時代にあるように思う。私が小学生だった頃だ。医師住宅に女性が訪ねてきてくれて、敗血症の夫を救った父に大変、感謝を述べてくれたことにいたく感動したことがある。今でもその光景が目に浮かぶ。

ところが、私は勉強が好きではなかった。稚内での少年時代は野生児のように野山を駆け巡っていた。夏は毎日ザリガニとり、冬はスキーに明け暮れていた。札幌に教育のために出された時にはなかなかなじめなかった。中学ものんびりしてしまい、月寒高校へ。でも、これが幸いして、良い友達、良い先生に巡り会え、今に生かされているように思う。何が良かったかというと、一般市民感覚を失わなかったことだろう。もし、いわゆるエリート校に行っていたら、普通の生活感から乖離した高慢ちきな人間になっていたかもしれない。

でも、世の中は甘くない。道内の医学部入学は難しく、両親が相当無理を重ねて、東海大学医学部へ行かせてくれた。さすがに、これはまずいと思った。在学中は初めてまじめに勉強した。当時は新設私立大学だったが、今にして思えば実に幸運な進学だった。当時より進歩的な大学で、医学部での実習をニューヨークで受ける機会を与えてくれた。創立当時から国際交流を盛んに行う大学だったのだ。また、創始者の松前重義先生はデンマークの国づくりを理想とし、東海大学を作ったのだった。その思想にであえたことが今の私の生き方に大きな影響を与えている。

東海大学卒業後は父の後を追い、北海道大学第三内科へ入局。何とも幸運なことに多くの良き諸先輩、後輩にめぐりあえた。稚内勤務時代は往診から検死まで何でもやらざる得なかった。稚内時代のプライマリケア、総合内科として幅広く診療した経験が医師としての基礎固めになったと思う。

北大時代、札幌勤務医時代は消化器疾患の中でも胆道、膵臓疾患の治療内視鏡から上下部内視鏡、小腸内視鏡など、内視鏡なら何でも行っていた。気づいてみれば、残せた業績は大腸内視鏡関係のものが多い。内視鏡学に精通したおかげで、スウェーデンに留学そして就職、指導の機会も得られた。このたび、両親の命をうけ、患者本位の医療と介護、従業員が安心して働ける事業所作りを実現すべく帰国。スウェーデンの「人を大事にする」社会保障、政治哲学に感銘を受けた経験を生かせないものかと夢想している。

モットーは「Love and Care」愛のある医療、愛のある介護、愛のある運営を実現したい。

愛称は「若先生」とか「お兄さん先生」とかいろいろ。
文責 院長 鈴木 岳

1984 札幌月寒高校卒業
1985 東海大学医学部入学
1989 ニューヨーク医科大学留学
1991 北海道大学医学部第三内科(消化器、血液内科)入局
1992-1994 市立稚内病院内科医員
1994-1997 札幌北楡病院消化器科医員
1997-1999 市立稚内病院内科主任医長
1999-2003 北海道大学病院 博士号取得、北海道医学会賞受賞
2003-2007 札幌社会保険総合病院消化器科部長
2007-2011 スウェーデンカロリンスカ王立大学病院消化器科、内視鏡専門医、指導医。北欧と東欧で実技指導講習講師を歴任
2011 10月より現職

副院長 鈴木 晃子

副院長 鈴木 晃子医学博士
スウェーデン医師資格
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定医

1994年に医師となりましたので、今年で19年目になります。実父が開業してたことから、町のお医者さん・一般内科医をイメージして医師となりました。北海道大学第三内科に入局(就職)させていただき、NTT東日本札幌病院、最北端の稚内市立病院に勤務。稚内で当時一期後輩にあたる同僚の「大学院の試験は受けないんですか?」の一言に、そうだ、教授も推奨の大学院に入学すれば確実に北大病院=札幌に帰ることができると、必死で勉強し入学させてもらいました。

しかし、本音のところは"医者は患者さんを診てこそお医者さん。試験管を振るなんてまっぴらごめん"と思っていただけに、どんよりとした研究室でがん細胞と戦うのは苦難の日々でした。この医学博士という役に立たなそうな肩書きが、その後のスウェーデン留学で大きな強みになるとは、その時は思いもしませんでした。

めでたく帰札となった大学院生活中に、今の私の恋人、息子がミレニアムベービーとして我が家に生まれこれも毎日の暮らしを楽しくしてくれました(ちなみに当院院長の夫とは18年前医学部卒業後間もなく結婚しました)。とはいうものの、乳飲み子がいてはポケットベルを持って、家にも帰らず病棟に泊まり込むような生活ができるわけはないので、大学院修了と共にNTT病院ドックセンターへ勤務。しかし月に一度は熱を出しては保育園を休む息子のせいで、この勤務すら続けられず、2002年に現在の鈴木内科医院の短時間勤務に雇い入れてもらいました。

あっという間に5年間がたち、2007(平成19)年から縁あって家族でスウェーデンに渡りました。カロリンスカ王立大学病院でも胃カメラ、大腸カメラを握ることになり、その装置が当院と同じことに驚き、また日本の内視鏡技術の高さを実感しました。夫(当院院長)に長くて2年の留学と言われ海を渡りましたが、"移民"と呼ばれてしまうほど長く4年半も滞在してしまい、予定以上に日本を留守にしました。そしてまたこうして鈴木内科医院に戻ってくることとなりました。

日本に戻ってから趣味と言えるほどのものはありませんが、今のささやかな楽しみは、若かりし頃買った文庫本を読み返すことで"青春の門""こころ""砂の城""氷点"など、やはりいいですね。地下鉄の中で別世界に入っています。今は、スウェーデンで出会った揚式太極拳を習えるところを探しています。スポーツはスキー、スケート、卓球、カーリングが好きです。幼少の頃に習ったピアノと、母から習った箏を少し弾けます。歌は下手です。

当院の明るいスタッフと共に、専門の消化器科を中心に内科全般にわたって相談しやすい外来診を心がけ、早期発見・早期治療を目指します。

1988 帯広柏葉高校卒業 東海大学医学部入学
1992 ロンドンカーディフ大学医学部留学
1994 北海道大学医学部第三内科(消化器、血液内科)入局
1995-1997 NTT東日本札幌病院消化器科医員
1997-99 市立稚内病院内科副医長
1999-2002 北海道大学大学院 博士号取得
2002-2003 NTT東日本札幌病院ドックセンター
2003-2007 鈴木内科医院
2007-2011 スウェーデンカロリンスカ王立大学病院消化器科、内視鏡専門医
2011 10月より現職

内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科

8:30~11:30,13:00~16:30※水曜・土曜の受付は12時まで※休診日:日曜・祝祭日

アクセスマップ